一宮市にある尾張猿田彦神社。安産祈願や厄除などの祈願・御祈祷、工事中の安全を願う地鎮祭など。
〒491-0201 愛知県一宮市奥町風田 67-1 TEL:0586-61-2713

五月四日、舞楽奉納祭のお知らせ

0

     

     当社では天宇受賣大神の御神徳を称え五月四日(木)に舞楽、雅楽を奉納致します。
    午前・午後と二部あり、午前が十時半より、午後が十三時半よりの開始となります。なお午前と午後で奉納する舞が異なります。どなたでも参列頂けますのでお時間の許す限りお気軽にご参列下さい。

     

     

    ・日時  五月四日

          10:30〜、13:30〜

     

    ・場所  尾張猿田彦神社 大駐車場

     

     

     

     尾張猿田彦神社の相殿神であられます天宇受賣大神様(あめのうずめのおおかみ)は芸能が御神徳の女神様です。
    芸能の神様と称えられる由縁は、岩戸隠れ神話によります。
    高天原にて建速須佐之男命(すさのおのみこと)の数々の乱暴な行動にショックを受けた天照大御神(あまてらすおおみかみ)は天岩戸(あめのいわと)に御隠れになってしまいました。太陽神である天照大御神が御隠れになってしまったことで世界は暗闇に包まれてしまい、大きな騒動となってしまいます。どうにか出てきてもらおうと八百万の神々は策を考え、天岩戸の前で
    儀式を行うことにしました。天宇受賣大神は天岩戸の前で肌をさらけ出して踊りを踊りました。神々は皆大笑いで、その盛り上がりは岩戸の中の天照大御神にも伝わりました。大御神は気になって岩戸から顔をのぞかせたところ、力の強い天手力雄命が手を引き岩戸の外へ引きずり出しました。

     以上の神話から踊りを踊った天宇受賣大神が芸能の神様として崇敬を集めることとなりました。
     


    四月のお祭り

    0

       【毎月のお祭】
      月次祭・・・・・・一日(土)    午後三時より。

      奥宮月次祭・・・・二十一日(金)  午後三時より、奥宮にて。

      猿遊会月次祭・・・二十八日(金)  午後七時より。

       

      独尊祭・・・・・・八日(土)   午後三時より。

      春季例大祭・・・・二十二日(土) 午後三時より。


      当神社のお祭りは、どなたでもご参列頂けます。お祭り内では雅楽の奉納・巫女の神楽奉納もございます。
      御祭の後では授与品を授与いたします。皆様お誘いあわせのうえご参拝下さい。


      鳥の引っ越し!

      0

         

         神社には、「常若(わかとこ)」という言葉があります。

        意味は字の如く常に若く、という言葉なのですが、伊勢神宮などでは20年に一回

        式年遷宮をする事で有名です。これも常若の思想が大きな理由になっています。

        古くて新しい、神社の世界観はこのように保たれています。

         

         

         さて、当神社でもつい先日、遷宮が行われました!

        多数の人の手を経て、ついに完成しました鳥小屋!

        かなり大きくなり、鳥たちも大歓喜です!

         

        右のアルミの箱が旧鳥小屋です。二周りほど大きくなりました!

         

         

         

        鳥の引っ越し。

        引っ越し職人の手によって、一羽一羽丁寧に運ばれました!

         

         

        引っ越し完了です!

        今回、鳥を数えてみたら全部で19羽いました。

        お詣りの際は、是非数えてみて下さいね。


        桜が咲きました!

        0

            

           桜前線の告知もされ、だんだんと春の足音が聞こえて参りました。

          名古屋のサクラ開花予想は3月31日で、例年並みになるそうです。

          入学式より少しだけ早目に咲く桜ですが、今年もその様な形になりそうです。

           

          http://sakura.weathermap.jp/

           

           

           桜と聞くと、私はいつも小学校の頃教科書に載っていた話を思い出します。

          「大岡 信」さんの「言葉の力」という話です。

          志村ふくみさんというとても高名な草木染め師の経験と技術から、自然の摂理や雄大さ、

          また、どんな物事の端々にも全体像があり、その全体像を捉える為に物を大きく見る大切さ

          を教えてくださる名文です。もし良ければ読んでみて下さい。

           

          http://www.za.ztv.ne.jp/iguchi/monooki/kotobanotikara.html

           

           

           さて、当神社では今桜が咲いています!

          少し咲くのが早い八重桜なので、今が見ごろです。

          またお参りの際、桜を見て楽しんでいただけたら幸いです!

           


          三月の御祭

          0

             【毎月のお祭】
            月次祭・・・・・・一日(水)、二十二日(水) 午後三時より。
            奥宮月次祭・・・・二十一日(火) 午後三時より、奥宮にて。

             


            当神社のお祭りは、どなたでもご参列頂けます。お祭り内では雅楽の奉納・巫女の神楽奉納もございます。
            御祭の後では授与品を授与いたします。皆様お誘いあわせのうえご参拝下さい。


            二月の御祭

            0

               【毎月のお祭】
              月次祭・・・・・・一日(水)、二十二日(水) 午後三時より。
              奥宮月次祭・・・・二十一日(火) 午後三時より、奥宮にて
              猿遊会月次祭・・・二十八日(水) 午後七時より。

               

              初庚申祭・・・・・・二日(木) 

              祈年祭・・・・・・・十七日(金)


              当神社のお祭りは、どなたでもご参列頂けます。お祭り内では雅楽の奉納・巫女の神楽奉納もございます。
              御祭の後では授与品を授与いたします。皆様お誘いあわせのうえご参拝下さい。


              平成29年、庚申祭について

              0

                 平成29年の「庚申祭」についてお知らせします。

                 

                 

                 尾張猿田彦神社では、年に六回あります「庚申の日」に庚申祭・庚申札を授与しています。

                 

                 

                 そもそも「庚申の日」とはどんな日で、どういう意味なのでしょうか?

                読み方は、「こうしんの日」と読み、「庚申」とは、昔の日時の数え方で57番目を表します。

                 

                 昔は、酉年・申年などで馴染み深い十二支と、甲(きのえ)・癸(みずのと)など10種類がある十干の組み合わせで日時を数えていました。

                 

                 例えば、「甲子園」。これは、甲子園が出来た年が 大正13年8月1日 だったのですが、

                偶然にもこの年は十干・十二支の最初の年(甲+子)が合わさった年。大変めでたい事から

                甲子園という名前になったそうです。

                 

                 なぜ「庚申の日」を祝うのでしょう?

                庚申の日は、平安時代から続く庚申信仰から来ています。

                人間の体の中には、三匹の虫、三尸が住むと考えられていました。

                この虫たちは、人間が死ねば自由になれるので、人間の寿命を減らそうとがんばっています。

                唯一、庚申の日の真夜中には虫が寝ている人間の体から脱け出すことが出来るので、寿命を司る天帝にその人間の行った悪行を告げ口に行って寿命を減らそうとします。それを防ぐため、庚申日には徹夜をする習わしがありました。

                今日では、徹夜をするのではなく、お札を枕の下に入れて眠ることで災いから身を守るという風に変化しています。

                 

                 庚申札

                 


                本日は左義長・水行の日です。

                0

                   とうとう来ました大寒波。昨晩から非常に冷たい風が吹き始め、雪が積もりはじめました。

                  参拝される方が滑らないよう、神主も今朝から総動員で雪かき。体を動かして少しあたたまりました。

                  雪で彩られた神社は、情景たっぷり。是非見に来て頂けたら幸いです。

                   

                   

                   

                   さて、本日は午前10時から左義長、午後5時30分から水行が始まります。

                  左義長は昨年供養したお人形等、護摩木、初詣縁起物を炊き上げるお祭りです。

                   

                   

                   こちらを炊き上げます。

                  昨年供養祭をされた御方、縁起物をだされた方は是非お参り下さい。

                   

                   

                   また、今日は水行の日。17時30分より極寒の中水行が始まります。

                  実は、水行というのは何部かの構成で出来ています。

                  いきなり冷たい水を被ると、体の芯から冷えて大変よくありません。

                  その前にしこたま体を動かして、熱を蓄えます。

                  熱を持った体に冷水を被ると、身体から湯気がでてきます。

                  有名なはだか祭などの写真で、白い湯気が出ているものがありますがそれと同じ原理です。

                  水行が終わったあとは心がスッキリした気分になる事ができます。

                   水行は一般の方も募集しております。女の方もする事ができますので、

                  興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

                   

                   


                  初詣のお加持について

                  0

                     

                     当尾張猿田彦神社では、お正月の間 参拝の方にお加持をしております。

                    お加持とは、猿田彦様のお力を与え運勢を善い方向に開くこと。

                    お加持を受けて頂き一年の運を開き、良い年である事を祈念します。

                     

                     当神社では神鈴にてお加持をいたしております。

                     

                     

                     

                     初詣は尾張猿田彦神社でどうぞ。

                     皆様のご来社お待ち申し上げております。


                    新春ぬりえコンテストの結果発表

                    0

                       昨年11月から始まりました、ねりえコンテストの結果を発表いたします。

                      沢山のこどもたちが一生懸命に書いたぬりえが沢山あつまりました!

                      どれも微笑ましく、あっと驚くような上手なぬりえを塗る子も。

                      また独創的に新しく絵を塗り足したり、情熱のまま思いをぶつけるアーティスティックな

                      ぬりえもあつまりました。

                       

                       

                      一位から三位までご案内いたします!

                       

                      一位 

                       

                      二位

                       

                      三位

                       

                      また、その一部をご紹介いたします。

                       

                       

                      ぬりえコンテストは、大駐車場の休憩テントにて展示してあります。

                      どうぞ参拝の際にご覧ください!


                      << | 2/30PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      リンク

                      プロフィール

                      サイト内検索

                      その他

                      携帯用サイト

                      qrcode